読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

PHPの「->」と「=>」の意味

PHPを勉強していて初めて見た「->」と「=>」
いまいち意味がわからなかったですが、少し理解してきたので忘れないうちに書いておこうと思います。

「->」  アロー演算子

アロー演算子は左辺から右辺を取り出す演算子
アロー演算子とはクラスのメソッドやプロパティにアクセスするための演算子です。
よくわからないので、簡単な例でイメージをつかみます。

class color {
  $red = "赤";
  $blue = "青";
  $green = "緑";
}
color->$red
// 赤

このようになります。

colorと言う大きな棚があって、$redと言う引き出しを取り出す。
中身は"赤" となっている。

「=>」 ダブルアロー演算子

ダブルアロー演算子は配列に値を代入するための演算子です。
例: $login = array("user_name" => "retail", "email" => $email);
$loginの配列の要素を定義
ちなみに、
$login = array();
$login = ["user_name"] = "retail";
$login = ["email"] = $email;
と記述しても同じ意味になります。